丑の刻参りで起こった事件とは?返り討ちにあった人について!

  • URLをコピーしました!
2/5 - (1 vote)

丑の刻参りというのをご存じですか?

呪いのような感じで恐ろしいイメージですよね。

その丑の刻参りであった事件や返り討ちについて

調べてみました。

この記事でわかることは、

丑の刻参りで起こった事件とは?
返り討ちにあった人はいる?
丑の刻参りについてネットでは

このような内容になっています。

丑の刻参りは危険?

目次

丑の刻参りで起こった事件とは?

丑の刻参りで起こった事件とはなんなのでしょうか。

丑の刻参りとは?

丑の刻参りは、深夜の丑の刻(午前1時から午前3時)に行われる日本古来の呪術の一つです。

主に恨みや嫉妬を持つ人が、白い衣装を身に纏い、頭に鉄輪にロウソクを立てた状態で、

神社の御神木に対象者を象徴する藁人形を釘で打ち付ける儀式です。

この行為を7日間繰り返すことで、呪いが成就し相手に災いが降りかかるとされていますが、

他人に見られると効果がなくなると信じられています。

特に京都の貴船神社がこの儀式に縁の深い場所として知られていますが、

神社の開門時間の関係で実際には行うことができません。

この呪術は、丑の時詣で、丑参り、丑三参りなどとも呼ばれています。

丑の刻参りの事件とは?

丑の刻参りをしている人は見られたことで追いかけてきたとか、

呪われたという人の体調が悪くなったなどが起こっていたようです。

昔の話だと思いつつ、現在でも行われているようですね。

今では代行するという職業もあるということです。

返り討ちにあった人はいる?犯罪になる?

返り討ちに合う?

丑の刻参りで見られた場合の「返り討ち」とは、この儀式を行っている人物が他人に見つかると

呪いが逆に行い手に跳ね返ってしまうという信念を指します。

丑の刻参りは非常に秘密性が高く、深夜に行われる呪術的な行為であり、

他人に見られることでその神秘性が損なわれ、呪いの効力が失われるだけでなく、

実施者自身に不幸が降りかかるとされています。

これは呪術の行為が霊的な力によって守られており、その秘密を守ることが成功の鍵とされていたため、

見られたことでその秘密が侵されたとみなされ、呪いが行い手に向けられるという考え方に基づいています。

呪いは犯罪になるの?

丑の刻参りを行っても、犯罪として立件されることは基本的にありません。

理由は、実際に誰かを呪う行為は、殺人などの具体的な犯罪行為とはみなされないからです。

犯罪が成立するためには、その行為が「人を殺す可能性がある実行行為」として

客観的に認識されなければなりません。

しかし、呪いの行為は一般的に「人が死ぬ現実的な危険性を招く行為」とは見なされません。

大多数の人は、単に人を呪うことで実際に相手を死に至らしめるとは考えていないため、

このような行為は殺人の実行行為には当たらないと解釈されます。

そのため、たとえ誰かが本気で呪いによって人を殺せると信じていたとしても、

それが殺人罪に問われることはないのです。

そうなると丑の刻参りはとても恐ろしいことですよね。

丑の刻参りについてネットでは

やるべきではない

丑の刻参りは、古来から伝わる日本の呪術の一つで、深夜に特定の儀式を行うことで恨みや

憎しみを相手に向けるものです。

しかし、このような行為は、現代社会においては推奨されるべきではありません。

倫理的な問題

他人に対する恨みや憎しみを行動に移すことは、倫理的に認められる行為ではありません。

人との間に生じた問題や対立は、対話や相互理解を通じて解決を図るべきです。

精神的な健康

恨みや憎しみに囚われ、呪術に頼ることは、実行者自身の精神的な健康を害する恐れがあります。

憎しみに囚われることで、人間関係が悪化したり、心の平穏を失ったりする可能性があります。

法的なリスク

丑の刻参りのような行為が、特定の個人に対する脅迫や嫌がらせと見なされる場合、

法的な問題に発展する可能性も否定できません。

社会的な影響

このような超自然的な行為に依存する文化が広がることは、科学的思考や合理的な問題解決を

軽視する風潮を生み出す恐れがあり、社会全体の進歩にとって好ましくありません。

こちらの記事も要チェックです!

心霊写真で本物が危険な理由は?バービーやりゅうちぇるのはやばいの?

ビックリマークの標識のある場所には心霊現象が起こる?

捨ててもかえってくる人形は映画or実話?名前や内容も調査!

まとめ

丑の刻参りについてお届けしましたが、行おうという人は

めったにいないと思います。

行うとしてもとても危険なので注意が必要になります。

昔はこのようなことが行われていたのですが現在も一部の人が

やっているということがわかりました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次