死体洗いのバイトがあるのは本当?給料はいくらもらえるの?

  • URLをコピーしました!
4/5 - (2 votes)

みなさんは死体を洗うアルバイトがあるというのを聞いたことがありますか?

私は昔そのバイトをしていたという人の話を聞いています。

都市伝説ではありますが、現在もあるのかどうか調べてみました。

この記事でわかることは、

死体洗いのバイトがあるのは本当なのか
給料はいくらもらえる
死体洗いのバイトについてネットでは

このような内容になっています。

給料が いいのでしょうか・・・。

目次

死体洗いのバイトがあるのは本当なのか

日本の都市伝説には「死体洗いバイト」というものがあります。

これは、医学部の解剖学の授業で使われる遺体をホルマリン溶液に浸した後、

学生やアルバイトが引き上げて清掃する、あるいは浮き上がった遺体を棒で押し下げる

といった作業を指します。

湯灌

湯灌(ゆかん)は、遺体を棺に納める前に行う洗浄や入浴の儀式を指します。

この作業は法的に特別な制限がなく、状況によってはアルバイトスタッフが

担当することもあります。

ただし、多くの場合、病院で亡くなった方の遺体は看護師がこの儀式を行うことが一般的です。

さらに、葬儀業者の中にも湯灌の技術を持つスタッフが多く、

この作業は専門的な技術を要するものとされています。

死体洗いのバイトはない?


遺体の洗浄を行うアルバイトの存在については、実際にはないようです。

遺体の管理や取り扱いは、法律により厳密に規定されており、「死体解剖保存法」

医学及び歯学教育のための献体に関する法律」などの法令がこれに該当します。

これらの法律は、遺体を専門的に扱う者以外が無許可で関与することを禁止しています。

ホルマリンに関して言えば、その使用には厳しい安全対策が必要です。

ホルマリンの蒸気は有害であり、適切な防護装備なしで大量に吸入することは

健康上の重大なリスクを伴います。

そのため、ホルマリンを用いた遺体の洗浄作業をアルバイト

行うという話は事実ではありません。

給料はいくらもらえる?

遺体洗浄のアルバイトが高額な時給で募集されているという話は、その稀有性と秘匿性から

都市伝説として広がっています。

通常、このような業務は大学の教職員や医学部の学生が担当することが多く、

一般のアルバイトによる募集はほとんどありません。

それにもかかわらず、時給が1万円から2万円と非常に高額であるとされることが、

この伝説の魅力を高めているのかもしれません。

しかし、実際にはこのようなアルバイトの存在自体が確認されていないため、

話半分で聞いておくのが賢明でしょう。

死体洗いのバイトについてネットでは

都市伝説になっている死体洗いバイト。

現在、あるのかないのかということではないということなのでしょう。

やっているとしても専門的な人が行うこと。

アルバイトが簡単にできるようなことではないということですね。

まとめ

死体洗いのバイトがあるのかというと、

現在はないという結論になるようですね。

いろいろな噂があるようですが、都市伝説ということで

終わりたいと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次