ディズニーランド(都市伝説)閉園後に人身売買の噂も?年間の失踪者数は?

  • URLをコピーしました!
3.7/5 - (3 votes)

都市伝説ですが、ディズニーランドが閉園したあとに

隠れているとどうなるか知っていますか?

あれだけ広い敷地でこっそり隠れてようとする人も

いるのかもしれませんが、見つかったら恐ろしいことになるかもしれません。

この記事でわかることは、

ディズニーランドの閉園後に人身売買の噂
年間の失踪者数
この都市伝説にネットでは

このような内容になっています。

閉園したらすぐに帰りましょう。

目次

ディズニーランドの閉園後に人身売買の噂

ディズニーランドにまつわる都市伝説は数多くありますが、いくつか興味深いものを紹介しますと、

ホーンテッドマンションのアトラクションには一度も掃除がされたことがないという話があります。

その不気味な雰囲気を保つために、意図的にそのままにされていると言われています​​。

また、シンデレラ城の前で夜20時にキスをすると呪われるという都市伝説もあります。

この特定の条件下でのキスがなぜ呪いをもたらすとされているのかは不明ですが、

このような話はカップルの間で注意を促すものかもしれません​​。

さらに、ディズニーランドには超音波を使ってカラスや虫が近づかないようにする

バリアがあるという話もあります。

清潔なイメージを保つために、このような措置が

取られていると言われていますが、実際のところは明らかではありません​​。

これらの都市伝説は、ディズニーランドの魔法の一部とも言えるでしょう。

真偽は定かではありませんが、これらの話がディズニーランドの魅力を

一層高めていることは間違いないでしょう。

ディズニーランドの閉園時間は夜10時

ディズニーランドでは通常、季節にもよりますが夜10時に閉園となります。

閉園時間が近づくと、アナウンスがありますので、その指示に従ってパークから速やかに

退出するようになっています。

隠れてパーク内に残ることを考える方もいるようですが、ほとんどの場合スタッフに

発見されることになります。

閉園後は警備員を含むスタッフがパーク内を巡回するため、

発見された場合はただの注意で済まされない可能性があります。

最悪の場合、出禁措置や法的措置を取られることもあり得ますので、無責任な行動は避けるべきです。

見つかると牢に閉じこめられる?

閉園後見つかってしまうと、ディズニーランドの地下に秘密の牢獄があるという噂があり、

パーク内で不正を働いた人々はこの地下牢に閉じ込められるとされています。

しかし、実際にディズニーランドからこのような地下牢の存在やそのような罰が

あるという公式の発表はありません。

見つかるとお化け屋敷の隠し部屋に閉じこめられる?

「ディズニーランドのお化け屋敷には隠し部屋がある」という話があります。

この話によると、パーク内で何らかの理由で捕まった人が、お化け屋敷の隠れた部屋や

秘密の通路に閉じ込められるとされています。

しかし、ディズニーランドの公式発表によると、お化け屋敷は閉園後は立ち入り禁止であり、

このような話は根拠のない都市伝説である可能性が高いとされています。

子供は人身売買される?

都市伝説によれば、失踪した子供たちが人身売買に巻き込まれている可能性があると言われています。

これは、人ごみの中で親から離れてしまった子供たちが狙われやすい環境にあることが背景にあります。

また、北朝鮮による日本人拉致の実例もこの都市伝説を信じる根拠となっているようです。

ディズニーランドのような場所でも注意が必要とされており、特に「イッツアスモールワールド」の

アトラクションは注目されています。

このアトラクションでは、乗客がボートに乗り、世界中の様々な民族衣装を着た人形や

ディズニーキャラクターが音楽に合わせて歌い踊る様子を楽しむことができます。

しかし、都市伝説では、迷子になった子供がこのアトラクション内の人形に

変えられてしまうという話もあるとされています。

年間の失踪者数

ディズニーランドは夢と魔法の国として知られ、大人も子供も楽しめる場所です。

しかし、その裏で子供たちが失踪するという不穏な噂があります。

一つの噂では、ディズニーランド内の特定のトイレに入った子供が出てこなくなるといいます。

また、迷子センターに行った際、出口が封鎖され、監視の中で行方不明だった子供が

見つかったとも言われますが、その子の髪型や服装は変わっており、

靴だけがそのままだったという話もあります。

これらの子供たちが誘拐され、臓器売買に関与しているという恐ろしい噂もあります。

これらの噂は1996年頃から出始めたもので、最近では少し聞かれなくなりましたが、

まだ完全に消えたわけではありません​。

失踪した人たち

日本では年間約8万人が失踪者として報告されています。

しかし、多くの場合は家出人や一時的に連絡が取れないケースが含まれており、

実際に長期間行方不明となるケースは全体の一部に過ぎません。

警察庁の統計によると、多くの失踪者は数日以内に見つかっています。

ディズニーランドでは、入園と退園するゲスト数の不一致という噂があります。

電子的な管理にもかかわらず、正確な人数を把握することが難しいとされていますが、

具体的にどれほどの人数が失踪しているかは明らかではありません。

一方、日本全国では毎年約14,000人の子供が行方不明になっており、

その中には家出をするケースも含まれます。

これは日本で毎日数人が失踪していることを意味し、非常に驚くべき事実です。

アメリカの場合

アメリカで毎日約2000人の子供が行方不明になるという衝撃的な事実があります。

これには人身売買を目的とする誘拐も含まれているため、子供たちの安全を守るべく

カリフォルニアのディズニーランド前では抗議活動が行われています。

このデモが継続すると、園が閉鎖に追い込まれる可能性もあるとの声が上がっています。

この都市伝説にネットでは

TDLのいろいろな都市伝説が隠されているようですね。


ディズニーランドの都市伝説は、真偽の確かめようがないので、本当のことではありません。

これらの語は、根拠のない噂や誇張された事実に基づいており、社会的な不安や恐怖を

反映していることが多いですね。

ディズニーランドでの子供の失踪や閉園への追い込みといった話も、都市伝説の一例として挙げられます。

これらの話は、詳細な証拠や具体的な出来事に欠けているため、真実かどうかを判断するのは難しいです。

こちらの記事もご覧ください。

スペースマウンテンのお札が怖い!写真や過去の死亡事故の関係は?

まとめ

ディズニーランドの閉園後の都市伝説についてお届けしましたが、

園内からでないと法的な処置をされることがあるようです。

面白がって隠れるとかなり身の危険があるので注意したほうがよいでしょう。

どんな恐ろしいことが待っているかわかりません。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次