宜保愛子が行った心霊スポットで一番恐ろしいところはどこ?

  • URLをコピーしました!
3.3/5 - (7 votes)

霊能者で大人気だった宜保愛子さん。

テレビでも霊視や霊能者として大活躍していました。

今でも彼女の能力は語り継がれています。

そんな宜保愛子さんが行った心霊スポットの数々で

特に恐ろしかったところはどこなのでしょうか。

調べてみました。

この記事でわかることは、

宜保愛子が行った心霊スポットで一番恐ろしいところは?
宜保愛子の経歴は?
宜保愛子についてネットでは

このような内容になっています。

どの心霊スポットが一番怖かったのでしょうか。

目次

宜保愛子が行った心霊スポットで一番恐ろしいところは?

出典元

伝説の霊能力者として知られるようになった宜保愛子さんの転機は、テレビ番組である女性から

「家族が続けざまに病に倒れる理由を知りたい」という相談を受けた際でした。

宜保さんはその女性の守護霊に接触し、問題の解決に導いたと言われています。

そんな宜保愛子さんの訪れた心霊スポットで恐ろしかった場所を調べてみました。

滝不動(山形県)

出典元

山形県にある滝不動です。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

滝不動の心霊スポットはやばい!最恐といわれる理由と事件について!

山形県上山市鶴脛町近くの県道104号線沿いにある【滝不動】は、

日本でも特に危険とされる心霊スポットの一つです。

この地はかつて罪人の処刑場であり、近隣に火葬場も存在します。

遊び心で訪れる者には不幸な出来事が起こりやすく、特に夜間の訪問は避けるべきとされています。

また、この場所は首吊り自殺の現場ともなっており、負のエネルギーが

強いため敏感な人は近寄らない方が良いと言われています。

宜保愛子さんは、【滝不動】の強烈な雰囲気に圧倒され、「手に負えない」

述べて後退したというエピソードが残っています。

そのため、この場所は心霊現象に興味がある者でも慎重に扱うべきスポットとされています。

翁島ペンション(福島)

宜保愛子さんはあまりの恐ろしさからここへの立ち入りを拒否したということです。

猪苗代に位置する「幽霊ペンション」は、正式には翁島ペンションと呼ばれ、

心霊現象で知られる有名な廃墟です。

この場所はオーナーの自殺や一家心中、宿泊客の自殺といった暗い背景を持ち、

心霊スポットとしての恐ろしい評判を確立しています。

目撃談には、入り口に現れる初老の男性、2階から覗く女性、

窓に残された子供の手形など、さまざまな不可解な現象が含まれます。

訪問者の中には、帰る際に車のエンジンが異常にかかりにくくなったり、

撮影した写真に異常な映像が現れたりするという報告もあり、

その恐怖は計り知れません。

坪野鉱泉(富山)

坪野鉱泉は、宜保愛子さんは危険性を感じて入ることを拒否したといわれています。

ホテル坪野の閉鎖は、1980年代にプールで発生した少年の溺死事故が引き金とされています。

その後、消息を絶ったオーナーがホテル内で自ら命を絶ったとの噂や、

冒険心から建物を探検した若者たちが幽霊を目撃したという話が広まりました。

これらの不穏な伝説により、地元ではこの場所を極めて避けるべきとの認識が強く、

坪野鉱泉を訪れる際には「白い車では行かない」「見つけたドアは開けない」

「絶対に一人にならない」といった特定の掟が語り継がれています。

旧犬鳴トンネル(福岡)

旧犬鳴トンネルも宜保愛子さん入ることを拒否したといわれています。

北九州に位置する犬鳴峠は、日本で最も恐ろしい心霊スポットの一つとして知られており、

特に旧犬鳴トンネルは殺人事件が発生したことで有名です。

このトンネルには、幽霊の目撃や遊びで訪れた者の不幸な末路など、

典型的な心霊現象が数多く報告されています。

また、犬鳴峠には「犬鳴村」という架空の村があるとの都市伝説があり、

その入口には「この先、日本国憲法が通じず」と警告する看板が立っていると言われ、

村に踏み入れた者が村人に襲われるという話も伝えられています。

男鹿プリンスホテル(秋田)

宜保愛子さんが訪れましたが拒否したといわれている怖いところです。

詳しくはこちらをご覧ください。↓

男鹿プリンスホテルの事件と赤い椅子の関係は?宜保愛子も呪われたって本当?

1981年に営業を停止し、以降は荒廃した廃墟と化したこの建物は、

男鹿温泉郷内にある現役の旅館の背後、崖の上に位置しています。

建物へは温泉街の主要道から外れた細い道を通ってアクセスしますが、

その道は車がかろうじて通れる幅で、周囲には濃い森が広がっています。

元の入口は板で封じられ、立ち入り禁止とされていますが、

森を抜ければ比較的簡単に入口に辿り着くことができるため、

冒険好きな人々が肝試しに訪れることが多いです。

ただし、周辺には住宅もあるため、地元住民からは不快感を買っており、

騒ぎ過ぎると警察に通報される恐れがあるため、注意が必要です。

静山荘(鳥取)

静山荘は宜保愛子さんも恐れていた場所だといわれています。

かつてラブホテルとして営業していた『静山荘』は、A棟、B棟、管理棟の3つの建物から

成り立っていましたが、現在はA棟のみが残り、他の2棟は民間企業に売却されています。

この場所にまつわる心霊現象の噂は、かつての経営者が自ら命を絶ったことに起因しており、

その霊や不気味な黒い影が目撃されたと言われています。

心霊活動を行う友人が訪れた際にも、廃墟内に他に誰もいないはずなのに、

不可解な足音や壁を叩く音などの怪奇現象が発生したと伝えられています。

かもめ荘(島根)

宜保愛子さんがここでの除霊がうまくいかなかったといわれています。

島根県は霊的な境界線とされる地であり、多くの心霊スポットが存在します。

特に出雲市の「かもめ荘」は、宜保愛子さんが除霊を諦めたほどの強烈な

霊気を持つ場所として知られています。

宜保さんがこの地を訪れた後、1ヶ月以内に亡くなったことから、

「かもめ荘の呪い」という不気味な噂も広がっています。

名前は穏やかですが、実際には非常に危険な心霊スポットです。

ここが一番恐ろしい場所なのかもしれません!

このほかにも何か所も心霊スポットを訪れていた宜保さん。

宜保愛子の経歴は?

宜保愛子さんが霊能力者として脚光を浴びたのは1961年、テレビ出演をきっかけにしてからです。

彼女の霊能力の珍しさが人々の関心を引き、講演会で大人気となりました。

特に1970年代半ばからの日本テレビの番組「あなたの知らない世界」への出演で、

宜保さんの名は広く知られるようになりました。

この番組では、視聴者からの怪奇体験を基にした再現ドラマを宜保さんが解説しました。

女性週刊誌「女性自身」での有名人との対談連載も宜保さんを一躍時の人にしました。

しかし、1995年のオウム真理教事件の影響でオカルト系の番組に対する批判が高まり、

宜保さんのテレビ出演は減少しました。

約5年間、テレビから遠ざかった後、2001年から2003年にかけてフジテレビのバラエティ番組

出演しましたが、これが彼女の最後のテレビ出演となりました。

宜保愛子についてネットでは

冝保さんについては最近ドラマでも名前が出たことで話題になっていますね!

令和になっても宜保愛子さんの名前は忘れられることはなさそうですね。

こちらの記事もご覧ください。

下ヨシコの流生命は当たる?スーパー霊能者の予知について!

男鹿プリンスホテルの事件と赤い椅子の関係は?宜保愛子も呪われたって本当?

雄別炭鉱病院跡の心霊現象がやばすぎ?宜保愛子も恐れた場所の今は?

まとめ

宜保愛子さんは昭和の霊能者として活躍されました。

現在でもその名前はずっと語り継がれています。

若い世代でもその名前を聞くことがあります。

霊能者としてはこれまでで一番有名な人かもしれませんね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次