泊まってはいけない幽霊ホテル香川編!営業中・廃業の両方!

  • URLをコピーしました!
4.4/5 - (5 votes)

香川県にも心霊スポットが数多くあるようです。

その中で泊まってはいけない幽霊がでるホテルを

調べてみました。

この記事でわかることは、

泊まってはいけない幽霊ホテル香川編
香川県の幽霊ホテルに行った人

香川県の病院の心霊スポットも多い

このような内容になっています。

どんな恐怖が待っているのでしょう。

目次

泊まってはいけない幽霊ホテル香川編

香川県で泊まってはいけないホテルを見ていきましょう。

泊まってはいけないので地図はいりませんよね・・・。

ホテル甚五郎

高松市に位置するかつてのホテル甚五郎は、現在では廃墟となり、屋島ドライブウェイ沿いに

その姿を留めています。

1960年に開業し、一時は賑わいを見せたものの、訪れる人が減少し、2002年には運営を

停止してしまいました。

現在は心霊スポットとして知られ、不気味な人影や異常な現象が

目撃されることがあると言われています。

廃墟となった建物は外見は比較的保たれているものの、特に入口付近は荒廃が進み、

探索には危険が伴います。かつてはホームレスが住んでいたとも伝えられ、

客室には当時の遺物がそのままにされている場所もあるようです。

滞在している霊を慰める目的で、いくつかの部屋には経文が記されたお札が掲示されていると考えられます。

そこには霊がいるという証拠のようなものですね。

ホテルエンペラー

出典元

現在はもうなくなっているホテルだと思われます。

ホテル名を調べるとあちこちに同じ名前がありました。

過去には女性や男性、動物の幽霊が目撃されたと言われいます。

特に、和式の部屋や古風な電気のスイッチ、重苦しい空気感が訪れる者の不安を煽ります。

ここでいったい何があったというのでしょうか。

跡地にも心霊現象は起こっているのかが気になるところです。

ホテル庵治

香川県高松市庵治町に位置する「ホテル庵治」は、廃墟と化した心霊スポットです。

かつてはモーテルタイプのラブホテルとして1970年代から運営されていましたが、

2000年前には閉業したとみられます。

この場所は、男性、女性、動物の幽霊が目撃されたことで知られており、

「庵治の廃ホテル」としてもネット上で話題になっています。

心霊体験の報告も多く、特にスイートルームでは窓に人影が映る、部屋の奥から

女性の笑い声が聞こえるなどの話があります。

営業中の幽霊ホテル

香川県には、現在営業している「幽霊ホテル」と呼ばれるような施設は存在していません。

大島てる公示サイトでも特に見つかりませんでした。

また新しい情報があれば更新していきます。

香川県の幽霊ホテルに行った人

ホテル甚五郎に行ったYouTuberは恐ろしい体験をしてきたようです。

ホテル甚五郎に行った人

お経が張ってあるというのが強烈に怖い廃墟だといわれています。

絶対に行ってはいけませんね。

危険すぎる場所なのかもしれません!

香川県の病院の心霊スポットも多い

香川県には病院の心霊スポットも多いようです。

また紹介するかもしれませんが、ここで2つあげていきましょう。

牟礼病院

病院の廃墟にまつわる都市伝説では、カルテを持ち出そうとすると看護師の霊が

追ってくるという話があります。

この古い建物は、廃墟と化しており、昼間であっても不気味な雰囲気を放っています。

ドロイド医院

「ドロイド医院」と呼ばれるこの場所は元々「古市産婦人科」という名前の病院でした。

ドロイドってなんで?と思ったのですが、この通称は、院内にあるAndroid端末のキャラクター

ドロイド君」に似た旧式保育器に由来しているそうです。(なるほど・・・)

この病院は少なくとも1984年まで機能していたことがわかっていますが、

具体的な開院年は不明です。

建物内には手術台やベッドが残されており、特に2階部分には崩壊の危険があるため、

探索には注意が必要です。

こちらの心霊スポットもおすすめです。

喝破道場の心霊事件の真相は?何があって現在は廃屋って本当?

まとめ

泊まってはいけないホテルは全国にたくさんあります。

営業中のところはちょっと見つかりませんでした。

出張などがある人は安心ですね。

何か心霊体験があったら教えていただきたいと思います!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次