生き霊の症状とは?飛ばし方や返し方も!好かれすぎはやばい?

  • URLをコピーしました!
4.4/5 - (9 votes)

生き霊は生きた人が飛ばしている念のようなものです。

生き霊はどのように飛ばしているのか、返し方なども

調べてみました。

この記事でわかることは、

・生き霊の症状とは?
・生き霊の飛ばし方や返し方
・生き霊の対処法

このような内容になっています。

生き霊を飛ばしていませんか?

目次

生き霊の症状とは?

生き霊の症状を見ていきましょう。

トラブルが増加


生霊の影響による症状は、周囲でのトラブルが目立ち始めることにあります。

通常ならば気にならないような事柄に対しても過剰に反応し、イライラしたり、

ネガティブな感情に支配されたりすることが多くなります。

その結果、些細なミスや誤解が増え、自信を失うこともあるでしょう。

このように生霊は、その対象を心理的に追い込むことを目的としています。

感情的になりやすくなる

生霊の影響を受けると、人は一般的に感情的になりがちです。

些細な出来事に対しても怒りやすくなり、感情が安定せず、ネガティブな思考に陥りやすくなります。

生霊は、人間だけでなく動物にも存在するとされており、特に動物の本能に

基づく行動に影響されると、人はさらに感情的になる傾向があるようです。

もし自分の感情に不自然な変化を感じたら、生霊が関与している可能性を考慮する価値があります。

さらに、生霊の影響を受けている人は、他人に対して批判的になりやすいことも指摘されています。

通常は人の短所を指摘したり、陰口を言ったりすることが少ない人でも、

急に他人の欠点が目につき、攻撃的な態度を取るようになることがあります。

これは特に低級霊による影響とされ、憎しみや嫉妬などの負の感情がその背後にあるとされています。

気力がない

生霊の影響を受けると、元々活動的だった人もそのエネルギーを奪われることでやる気を失い、

以前のように活動的に振る舞えなくなることがあります。

この影響で、日々の生活においても無気力さが増し、効率的な行動が難しくなります。

さらに、生霊の存在によって引き起こされるとされる、継続的な倦怠感や

体調の悪化も問題となります。

これらの症状は往々にして医学的な診断では明確な原因が見つからず、

従来の治療法や薬物療法では改善が見られないことが多いです。

このような状態が長引くことにより、肉体だけでなく精神的な健康も損なわれ、

全体的な生活の質が低下するリスクがあります。

体調不良になる

生霊の影響を受けた際には、身体的な不調が現れることがあります。

これには慢性的な吐き気や頭痛、そして一貫した疲労感が含まれる場合が多いです。

こうした症状は医療機関での検査では原因が特定できず、

結果として治療の見通しが立たないこともあります。

加えて、体調が崩れやすくなることで些細なミスが増え、それが事故に繋がる

リスクを高めることも懸念されます。

また、生霊が原因とされる体重の急激な増加は、その影響で精神的なストレスが増大し、

過食に走ることでさらに体重を増やす悪循環に陥ることも指摘されています。

生霊の影響は外見にも現れ、普段は穏やかな表情をしている人でも、目つきが鋭くなり、

厳しい表情を見せるように変わることがあるとされています。

これらの変化は、生霊の存在が人の内面だけでなく、外見にも影響を及ぼすことを示唆しています。

人間関係が悪くなる

生霊の影響を受けると、人との関係性が悪化することがあります。

これまで他人に対して寛容だった人も、急に攻撃的な態度を取るようになったり、

人の行いに対して否定的な意見を述べるように変わることが起こります。

特に、恋愛関係においては、トラブルが頻発しやすくなる傾向があり、

これまで平和だった関係に亀裂が生じたり、新しい出会いが途絶えがちになる現象が見られます。

これは、生霊が抱える負の感情が、憑依された人の心理状態に影響を及ぼし、

結果的にその人が他者への妬みや批判的な態度を取るようになるためです。

精神不安定になる

生霊の影響下にあると、明確な理由がないにもかかわらず、精神的なバランスが

崩れることがあります。

通常は冷静な人でも、生霊の作用で急に感情が高ぶったり、安定感を失って落ち着かなくなることがあります。

泣きたいわけでもないのに涙が溢れ出たり、突然の強い怒りや恐怖に見舞われる経験も、

生霊の影響によるものかもしれません。

幻聴に苦しむ


生霊に深く影響され続けると、幻視や幻聴といったノイローゼに似た症状に苦しむことがあります。

これは、生霊による取り憑きが末期段階に達している証拠とされ、

本人の意識が生霊のものに圧倒されてしまっている状態を意味します。

このような状況では、本人が生霊を送り込んだ相手に無意識のうちに同調し、

話し方や食べ物の好みが似るなど、人格が変わってしまうこともあります。

自分らしさを失い、日常生活にも影響が出るため、異変を感じたら速やかに

信用できる人に相談することが重要です。

生き霊の飛ばし方や返し方

生き霊はどう飛ばしているのでしょうか?


生霊を飛ばすとは、強い感情を持った人が、思念や魂を特定の対象に向けて送る行為を指します。

これは主に敵意や憎悪により行われ、受け手には精神的、

肉体的苦痛をもたらす可能性があります。

生霊の影響は様々で、受け手にとっては避けがたい負の連鎖を引き起こすことが多いです。

この行為はリスクを伴い、送り手にも悪影響を及ぼす可能性があるため、慎重に考える必要があります。

強く相手を思う

相手を呪うほどの強い感情がある場合は、その感情を深く掘り下げてみることが重要です。

恨みや憎しみのような強烈なマイナスの感情を鮮明に思い浮かべることで、

生霊を送るエネルギーが強まります。

生霊を効果的に飛ばすためには、単なる一時的な感情ではなく、相手に対する深い執着や

長期にわたる恨みを維持する必要があります。

軽い気持ちでの呪いよりも、深い感情から生じる生霊の方が強力な影響を持つため、注意が必要です。

相手を観察・好かれすぎている

生き霊を飛ばしている方はかなり相手のことを観察しています。

相手に好かれすぎていることも考えられます。

生霊を飛ばすためには、対象を集中的に観察し、その姿を心に深く刻みこんでいます。

この行為はストーキングに似ており、相手に強い精神的圧力を与えることができます。

被害者が感じる不快な感覚や悪寒は、送り主の負のエネルギーが伝わっている証拠です。

目標に対する明確な意識は、生霊の力を増幅させ、その影響をより直接的に相手に伝えます。

しかし、相手の精神的な強さや霊的な保護によっては、生霊の影響が軽減される

こともあるため、必ずしも望んだ結果が得られるとは限りません。

跳ね返りについて

生霊を送る行為には、相手への深い恨みや不満が伴いますが、

その結果は送り手にとって逆効果となります。

実際、相手が受ける負の影響は、それを生み出した人ほど深刻ではないことが多いのです。

このことから、相手を苦しめようという思いがあっても、その行為が自分自身のダメージと

なって返ってくることを理解することが重要です。

他者を変えることを望むよりも、自分の人生や心の平和に焦点を当てた方が、

より建設的かつ健全な選択と言えるでしょう。

生き霊は自覚なく飛んでくる

生霊は人の感情から自然に生じる念で、特に強い感情が他者に向けられた時、

無意識のうちにその人に送られることがあります。

肯定的な感情であっても、それが欲望や所有欲によって歪められると、

生霊は負のエネルギーへと変貌します。

特に悪意に基づく生霊は、送り手にも害を及ぼし、双方にリスクが伴います。

「人を呪わば穴二つ」という言葉が示すように、他人に害を願う行為は自らにも

不幸を招くことになります。

負の感情に支配されることなく、そのエネルギーをポジティブな方向に

導くことが、真の幸福への道でしょう。

生き霊の返し方

生き霊の返し方にこのような動画ありましたので参考にどうぞ。

生霊に悩まされている場合、その生霊を元の送り主に戻す「生霊返し」という方法があります。

生霊返しとは、受け取った生霊をそのまま送り主に向けて返すことを指し、

これは相手に圧力をかけることで彼らを黙らせるのと似た効果があります。

生霊返しに必要なのは高い霊力ではなく、むしろ強固な意志力です。

精神を落ち着け深呼吸で心を整えた後、生霊の存在を感じ取り、その生霊を強く

押し返すイメージを持ちつつ、「二度と近づかないで」という強い念を持って追い払うことで、

生霊は送り主に戻り消え去ります。

これによりあなたへの執着が弱まり、生霊が再び送られるリスクも低減し、

生霊がいなくなったことを実感できたら、自己保護のための精神的なバリアを設置し今後の防御を固めましょう。

生き霊の対処法

早期に霊的な影響から身を守るためには、対策を講じることが肝心です。

玄関には盛り塩をして、除霊に効果的な水晶などのパワーストーンを携帯することをお勧めします。

また、パワースポットを訪れることで強力な浄化を促し、

不要な霊的なエネルギーを払いのけることができます。

部屋の清潔さを保ち、不要な物を処分することで、悪影響を及ぼすエネルギーの滞りを防ぎます。

定期的に窓を開けて空気を入れ替え、清掃を心がけましょう。

瞑想を取り入れ、内省の時間を持つことで、精神的な基盤を固め、

外部からの影響を受けにくい自己を築くことが可能です。

それでもなお霊的な影響を感じる場合には、プロフェッショナルな

除霊師の助けを求めるのも一つの選択肢です。

生き霊の取りつかれないようにするには

霊的な影響を避けるためには、環境の清潔さを維持することが重要です。

特に霊が好むとされる汚れた場所を避けるため、定期的な掃除が有効です。

玄関は外からのエネルギーの入口となるため、特に清掃に力を入れ、

常に清潔に保つことが大切です。

また、定期的に部屋の空気を新鮮なものに入れ替えることで、

良好なエネルギーの流れを保ちます。

共感力が高い人は、生霊に影響されやすい傾向がありますので、

自分の感情をコントロールし、ネガティビティを避け、ポジティブな状態を維持することが大切です。

感謝の気持ちを忘れず、日々を穏やかに過ごすことで、心の安定を保ちます。

また、人間関係のトラブルは早期に解決することで、不要なストレスや

ネガティブなエネルギーの蓄積を防ぎます。

生き霊を飛ばしやすい人は?

嫉妬深い人は、恋愛や職場、学業など様々なシチュエーションで競争心を強く抱きがちです。

この勝ちたいという欲求は普通でも、他人への強い嫉妬心は生霊を

送りやすくする要因になり得ます。

強い執着や依存、または過剰な感情投資は関係を圧迫し

怒りや攻撃性を引き起こすことがあります。

特に、他者を苦しめる願望を抱くと、生霊を送るリスクが高まります。

生霊を送る行為は、送り手自身にも影響を及ぼします。

魂の一部が体外にあるため、集中力の低下、不眠、疲労などの副作用が生じる可能性

あることを自覚することが大切です。

生き霊を飛ばさないためには?

生霊を送らないためには、自身の感情を管理し、冷静さを維持することが鍵となります。

特にネガティブな感情が強まると生霊が生じやすくなるため、

平穏な心を保つことで、怒りや嫉妬を抑えることが可能です。

また、自己価値を向上させることが重要です。自分自身に対する信頼と肯定感が低いと、

他人への嫉妬や羨望の感情が生まれやすくなります。

自分の長所や持ち味に焦点を当て、自分自身を肯定的に捉えることで、

このような感情を抑制できます。

ストレスや疲労を溜め込まないように心がけることも大切です。

ネガティブな感情が溢れる際には、それらを適切に発散させることが必要です。

友人や家族に話をする、または感情を紙に書き出すなどして、心の中の負のエネルギーを解放しましょう。

こちら心霊スポットもおすすめです。

呪われているサインとは?呪いを解く方法についても調査!

幽霊文字一覧と打ち方・読み方は?PCで変換できるの?

まとめ

生き霊は飛ばしたいという人はいないと思いますが、

自分のためにも飛ばさないほうがいいですよね。

しかし、無意識に生き霊になることがあるため、

自分自身をコントロールできるように努力することも

大事になってくるようです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次