大菩薩峠は心霊現象多発の死の峠?遭難者の霊がやばすぎる!

  • URLをコピーしました!
1/5 - (1 vote)

山梨県にある大菩薩峠。

ここでは心霊現象が多いという噂があります。

遭難した死者の霊が現れるとでもいうのでしょうか?

さっそく調べてみました。

この記事でわかることは、

大菩薩峠は心霊現象多発の死の峠?
大菩薩峠のアクセス
大菩薩峠へ行った人は

このような内容になっています。

大菩薩峠は行っても大丈夫なのか・・・。

目次

大菩薩峠は心霊現象多発の死の峠?

出典元

大菩薩峠は心霊現象多発の死の峠といわれているのはどういうことなのでしょうか?

大菩薩峠とは?

大菩薩嶺は、甲府盆地の北東にそびえ、山梨県、東京都、埼玉県を結ぶ

秩父多摩甲斐国立公園内にあります。

この山は『日本百名山』に選ばれており、標高は2,057メートルに達します。

江戸時代には、武蔵国と甲斐国をつなぐ旧青梅街道の要所として賑わいました。

また、中里介山による長編時代小説『大菩薩峠』で名を馳せたにもかかわらず、

その物語を知る登山者は意外と少ないです。

大菩薩嶺へのアクセスは容易で、最も標高の高い登山口が1,600メートルに位置しているため、

日帰りでの登山が可能であり、特に首都圏からのハイカーに人気があります。

途中のカラマツ林、苔むした森、岩場、山野草の群生など、変わりゆく自然の美しさに心を奪われます。

特に、雷岩と大菩薩峠を結ぶ開けた笹原の尾根道からの眺望は圧巻で、富士山をはじめとする南アルプス、

乗鞍岳、八ヶ岳、雲取山、大菩薩湖の壮大な景色が楽しめます。

遭難者の霊がさまよう?

『大菩薩峠』は、萩原越や大菩薩越、青梅通などとも呼ばれ、

中里介山の未完の壮大な作品として知られています。

この地域は、過去に赤軍派(共産主義者同盟赤軍派)のメンバーが山小屋「福ちゃん荘」

軍事訓練を行っていたことがあるなど、歴史的な出来事もあります。

また、この峠は遭難事故が多発することから「死の峠」とも称され、

遭難者の霊が目撃されるという心霊話も存在します。

現代においては、山道の整備が進んだものの、依然として遭難者が後を絶たない状況です。

一部では、これらの遭難事故が霊的な影響によるものではないかという噂もありますが、

その真偽は定かではありません。

大菩薩峠のアクセス

大菩薩峠の地図はこちらになります。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次